ー世界へのDOORー

このブログはアメリカ留学経験済みの筆者が英語や海外の文化等を教えたり、健康にポジティブに自由に生きるための方法、または心理学などといった自分自身が興味あるものをひたすら記す雑記ブログ(になる予定)です。

アメリカ人は納豆が苦手?嫌い?実際に私が納豆を通して経験した、アメリカ人との思い出

 

 

f:id:rin-world4695:20181202095648j:plain



 

 

私は約3年間、アメリカで留学生活をしていました。その時に体験した、アメリカ人との納豆についてのエピソードを紹介したいと思います。

 

 

日本では納豆は有名でよく食べるものなので、近場のスーパーなどにもちろん売っていますが、アメリカでは納豆を取り扱っている店舗が、あまり多くありません。






納豆大好きな私にとって、 納豆をすぐ手に入れられないこと、また毎日食べれないことは結構苦痛でした。(笑)




そのためアジア系の食品などを買いたい時には、アメリカ人の友達によくアジアンマーケット のHmart という店舗に連れてってもらいました。

 

 

 

そのお店で、私が納豆を何個か手に取っている時に、アメリカ人の友達が近づいてきて私に言いました。

 

 

 

Is it good? それって美味しいの?

 

 

 

 

 



そう聞かれたので私は、




Yeah, it is so good. This is famous food in Japan. すごく美味しいよ。日本で有名な食べ物なんだ。

 

 

 

 





と答えました。
そしたら、その子は


 

 



Really? I’ll buy this one, too!  本当に?私も買う!

 

 

 

 

 

といい納豆に手を伸ばしました。


私が

 



I’m not sure if you will like it.  あなたの口に合うかどうかわからないけど

 

 

 

 




と言うと、その子は

 

 

 

Anyway, I’ll buy this,and try to eat! とにかく買って食べてみるよ

 







と納豆に興味津々でした。

 

 

ちなみに、納豆は英語で

 

Natto 

です。そのままですよね?(笑)

それか、

 

Fermented soybeans 発酵した大豆

 

と表現することもできます。

 

 

 

 





話はまた戻って、それから数日経った後、私とその子は大学の食堂で会いました。

 

 

そしたらその子はバッグの中から、納豆のパックを取り出して、私に差し出しました。

 

 

 

 

I ate this, but I almost puked! So, I'll give it to you. 食べたけどもう少しで吐きそうだった!だからあなたにあげるよ。

 

 

 

 

 


その子によると、どうやら納豆に挑戦はしてみたものの、ネバネバした食感と、 納豆そのものの味がダメだったみたいで、 残った納豆を私に全部くれました。

 

 


その子以外にも、他の友達にも納豆を食べさせてみましたが、どの子からも美味しいと言う感想はもらえず、黙り込むか、It’s good という子もいましたが、表情がどうも怪訝そうな子(明らかにそう思っていない顔)もいました。

 






やはり普段食べ慣れていないせいか、またその納豆自体の食感が合わないのか、私の経験では、なかなか納豆を好きって言ってくれるアメリカ人の友達は、残念なことにいませんでした。




友達に直接、納豆のどこがあまり好きじゃないの?と聞いてみると、ネバネバの感覚と、食べる時に、糸を引いている感じが腐ってる感じで理解できない、と言われました。

 

 

 




その時に、みんなお寿司などの日本食は食べる子はいるけど、やっぱり納豆は無理なのかなとも思いました。



毎日ご飯の上に納豆をかけて、また卵やネギを使い、アレンジを加えるなどをして楽しむほど、私は納豆が大好きですが、 その話をしてもあんまり理解されませんでした。


 

やっぱり文化の違いでしょうか。

 

 

 

 


納豆はアメリカ人にとって受け入れられない食べ物なのか、と諦め半分で、この間アメリカの納豆関係について調べていたら、あるサイトを見つけました。
そこには、 ニューヨークで納豆を製造販売する会社があると書かれていました。

 

 

読んでみると 、


日本では白飯と合わせて納豆の個性を主役とするような食べ方が主流だが、アメリカでは、それぞれの食事がしっかりと味付けをされているアメリカの食事に、納豆を合わせて(そうすることによって、納豆を合わせても、すべての食事が納豆になりきらない)納豆の抵抗感を下げている。(ピザやパスタやタコスの具などに取り入れている。)




 

 

また、ベジタリアンやビーガン(卵や乳製品を含む、動物性食品をいっさい口にしない「完全菜食主義者」)の人が、彼らの食生活で欠乏しがちなタンパク質を補うために、納豆を食べるのだとか!




確かに納豆は栄養素もあり、身体に良いと言われている食品なので、食べ物のことについてよく考えているベジタリアンやビーガンの人達にとっては、受け入れやすいものなのかなと思いました。

 

また、納豆を製造販売しているニューヨークの会社では、質の高い大豆を生産する大豆農家を選んで契約して、冷凍されてない生の納豆を売っているそうです。




よく考えてみれば、私がアメリカで買っていた納豆の売られている方法は、冷凍食品みたいに売られているのがほとんどでした。なんで凍らして売られているんだろうとよく思っていたものです。



この会社は、そうやって売られている納豆よりも、もっと質の高くて美味しい納豆をアメリカに広めようとしているのでしょう。



参考にさせていただいたサイトを貼っておきますね!

ニューヨークに納豆を製造する会社がある「米国の食事には納豆が合う」 (2018年4月30日) - エキサイトニュース(1/2)

 




将来、アメリカでも納豆がもっと理解され、受け入れられて、お寿司のように彼らにとって美味しいと感じる、日本の食べ物の一つになればいいなと、思いました!