ー世界へのDOORー

アメリカ留学経験済みの筆者が英語や留学、海外の文化等を紹介したり、自分自身が興味あるものをひたすら記すブログです。

Why do you have a long face?は長い顔?この表現の本当の意味

 

 

馬の長い顔

みなさん、こんにちは、こんばんは!Rinです!

 今回はWhy do you have a long face?のフレーズについて紹介したいと思います!

 
 あなたとあなたの友達は、たわいもない話や世間話などをしていました。すると、あなたの友達はあなたの顔をじーっと見て突然こう言いました。

 

 Hey, Why do you have a long face? 

 

 さて、あなたの友達はあなたに何と言ったのかわかりますか?

これらの単語をそれぞれ合わせてみると、

 何であなたは長い顔なんですか?

  になります。

 

ながい顔だって?  なんで急にそんなこと言い出すの?と思われた方はいますか?

 

 安心してください!

 あなたの友達はあなたにたいして、顔のながさについては言っていません。
 このlongの意味は、ながい顔という意味ではない別の意味があるんです。その意味とは、

 

 long face   悲しそうな顔つき、うかない表情、さえない表情

 になります。
 そのために、あなたの友達は、

 

 何でそんなにうかない顔つきなの?(うかない顔してるけど、何かあった?)

 

 と、あなたがそのような表情をしていたので、思いやって気遣っていたのでした。

しかし、何でlong faceという言葉が、悲しげな表情や浮かない顔などの意味になるのでしょうか?
それは、人間悲しい表情やさえない表情をしている時は、自然と口角が下がり、全体的にたるんでいる様に見えます。
 その表情が全体的に顔を長く見せるので、longという英単語をもちいて表現されるのです。

 

私がこの表現を最初に聞いた時は留学していた時に、友達に言われてからです。友達と会話をしているときでしたが、私がそのようなかなしそうな顔つきをしていたのでしょうか?友達がまさしくこの表現を使ってきました。私は最初にきいた時には、longではなく、wrongに聞こえました。まだ、正しく発音を聞き取ったり言うことができなかったもので、発音を間違って聞きとりちがう単語にきこえるということはよくありましたが、この時もそうでした。

頭で考えて「Wrong face?」間違った顔?と意味を理解することができず、ゥロングフェイス?と友達にたずね、その後にWhat does it  mean?どういう意味?と言うと、
友達は「This means... Ok. Why do you look so sad?」ともっと直訳的な表現で私に聞いてくれました。
その時に私は、「悲しそう?ああそういうこと聞いていたのね!」と理解することができました。その時は特に悲しい気持ちではなかったのですが、眠くてそういう表情になっていたそうです。(笑)
後に、調べてまちがうのwrongではなくlongだったんだということもわかりました。もっと発音も勉強しなきゃいけないな!とも思わされた出来事でした。

 

このようなlong faceの表現ですが、Why the long face? というフレーズもよく使われます。
意味も同じで、何でうかない顔しているの? 悲しそうなの? 
と、相手を気遣う表現です。

 

例文

A: Hey! Why the long face? ねえ!何で悲しそうにしてるの?
B: Actually, I lost my wallet in the train. 実は、電車で財布なくしたんだ。
A: Oh, really? I'm sorry to hear that.    そうなの?残念に思うよ。

 
A: What’s with David’s long face? デイヴィッドうかない顔しているけど、何かあったの?
 B: He failed the entrance examination to the University.  彼、大学受験うまくいかなかったみたいなんだ。
 A: Really? He looks so sad. そうなの?本当に悲しそうだったよ。

 このように、このフレーズをつかうことができます。

 

個人的に、この表現は面白くてユニークな言い回しだなあとおもいます。はじめて聞くと一瞬?とどういう意味だろうと考えると思いますが、意味が理解できるとそういうことだったんだとなんとなくなっとくができるのではと思います。
こういう一見遠回しな表現って意味がわかると面白いですよね!

 

相手が悲しそうなときはこれらの表現をつかって、相手に声をかけてあげてみてください!