ー世界へのDOORー

アメリカ留学経験済みの筆者が英語や留学、海外の文化等を紹介したり、自分自身が興味あるものをひたすら記すブログです。

スポンサーリンク

海外の美容院で思い通りのスタイルに仕上げてもらうには?

ヘアカラーしてもらう女性

みなさん、こんにちはこんばんは!最近髪が伸びてきて美容院にそろそろ行こうかなあと考えているRinです!
そんなことを考えていたのもあり、今回は美容院をテーマに書いてみようと思います!留学先でヘアケアはどうしていたか、
アメリカ(海外)の美容院で自分の思い通りのヘアスタイルにしてもらうには、どういうことをしたらいいかを紹介していきたいとおもいます!

 1 ヘアスタイルの見本(写真)は持っていく!

 

写真

 これは、特に母国語の日本語が通じない海外の英語圏の美容院などに行くときには、こういったものを前もって用意して持っていくことをおすすめします!
私達アジア人と欧米人は元々髪質がちがく、色々な理由でヘアカットやセットの仕方も日本と海外の美容院ではちがってくるとおもいます。言葉も母国語の日本語なら細かい所まで自分がどうしてほしいか説明できるけど、英語だと上手くそこまで瞬時に説明できないということもあるとおもいます。
そういうことがあるため、
美容院に行くときには実際に自分のしてほしいスタイルの写真をもっていくことで、担当になった人も目で見て「こんなヘアスタイルにしてほしいんだな!」と瞬時に把握することができます。
言葉で自分の思っていることを上手く説明できなかったとしても、ビジュアルで伝えるということをすれば、ある程度自分の好みの髪型にはしてくれるとおもいます!
海外の美容院では、見本にする時のために置いてあるヘア雑誌は欧米の人たちメインのヘアスタイルの雑誌がたくさん置いてあるため、日本人の私達はその中から選ぶのもむずかしいのではとおもいます。なので
あらかじめ日本のヘアアレンジが載ってあるサイトなどを調べてネットから写真を用意するのも良いでしょう!
自分の理想の髪型にしてもらいかったら、写真をもっていくことはマストです!

2 日本人が経営している美容院をあらかじめ調べて行く!

 これは実際に私の友達がしていたことです。私の留学先はそんなに都会の方でもない町だったので、なかなか日本人が在籍して経営しているヘアサロンはなかったのですが、その子は大学の夏休みや冬休みの大きな休みの日に、近くのシアトルやバンクーバーまで旅行して、
そこで日本人の美容師さんがいる美容院に行ってヘアカットしてもらっていました!
ちなみに、バンクーバーにその子と旅行したときに、その子があらかじめ美容院を予約していて、私は予約していなかったのですが一緒にそこまでついていきました。
扉を開けたら、「ここは日本!?」と思うぐらい日本人の美容師さんがたくさんいました。ですがそこはバンクーバーなので、お客さんは現地の人もいました。
日本人の男の人がその子の担当になり、友達はさっそくその人に長く伸びた髪のヘアカットとカラーをしてもらっていました。私はその間、外で買い物していました!(笑)その子の髪はふんわりと明るい茶色にそめて色をかえてもらっていて、その子も満足そうでした。

なんだかんだやっぱり
日本語だと髪の細部、細かい所まで色々と説明できますし、それに同じ日本の美容師さんだと日本人の髪質をよく理解しているので、そういう面でも安心して任せられるかなとはおもいます。
美容院行くなら日本人のスタイリストの人にヘアカットしてほしいな!と思う方は、あらかじめ日本人 美容院などでネットで検索して予約して行くのも良いと思います!

 留学していた時にどうやってヘアカットをしていたか?

海外の美容院で思い通りのスタイリングにするためにすることをあげましたが、
実際私は留学していた期間に、美容院に行くことはありませんでした!(笑)これらの方法は現地の美容院に行っていた友達などから聞いた情報を元に紹介してみました!
私は夏休みと冬休みの間、日本に一時帰国することが結構あってその間に髪をスタイリングしてもらったので、そこまで「髪伸びてきてどうしよう」と思ったことはありませんでした。
ですが、もちろん日本に帰らず丸々一年間をアメリカで過ごすこともありました。その時は髪が伸びてきて量も増えてきて、だからといって美容院まで足を運びたくなかった私は「自分でヘアカットしてみよう!」と思い、スーパーでヘアカット用の道具を買って鏡の前に座って自分で試しにカットしていました。
そんなテクニックも知らない私はゆっくりと慣れない手つきで髪をすいていました。(笑)
ヘアカットが終わり、髪も軽くなって「あれ?思ったより簡単かも?これから自分でヘアカットしよう!」ということになりました。
量が増えてきたとき、自分なりのやり方で済ませていた私はある時、日本に一時帰国することになりました。
友達が、おすすめの美容院を教えてくれて急遽そこでヘアカットしてもらうことに。
美容院に行き、美容師さんに呼ばれ鏡の前に座って私の髪をチェックし始めたとき、
私の担当の人が私に聞いてきました。「前はどこでヘアカットしたの?」
私は「いやあ、自分でカットしてみました!」と和気あいあいにいうと、
その人が「やっぱりそうなの?すいてあるバランスとかがまちまちだから!」と言われ、やっぱり自己流はそんなに上手くいかないか!と思いました。(笑)

結局その美容師さんによると、バランスを綺麗にするためには、ベリーショートにする必要があるけどショートにしてもいい?と聞かれ、元々丸顔で普段からロングヘアな私は最初どうしようか考えましたが、それで綺麗なヘアスタイルになるなら、と言い今までにしたことないくらい肩の上まで短くしてもらいました。
そんな髪型にしてもらったはいいものの、その自分の髪型を見慣れていなく、やっぱり今まで通りの長い髪がいい!と思った私は、結局数日後にちがう美容院を予約し訪れて、ロングの40cmぐらいあるんじゃないかという結構長いヘアエクステをつけてもらい、日本に一時帰国前の髪よりも長いロングヘアになって、アメリカに戻りました!(笑)皆に、「髪長くなってるよ!」と驚かれたのを今でも覚えています。


髪に関してはそんな思い出があります!
話は戻って、海外の美容院に行って自分のしてほしい髪型にするためには、
1自分のしてもらいたいヘアスタイルの写真を前もって用意して持っていくこと!
 2日本人の美容師さんにカットしてもらいたい場合は、あらかじめ日本人 美容院 現地の場所などで検索して、予約するのをおすすめします!
目で見てすぐこんなヘアスタイルか!と判断できる写真の持参は特におすすめです!

もし海外で美容院に行くことになった時は、ぜひ参考にしてみてください!これらのことをすれば、少しでも自分の望みのヘアスタイルにしてもらえるとおもいます!

 

スポンサーリンク