ー世界へのDOORー

アメリカ留学経験済みの筆者が英語や留学、海外の文化等を紹介したり、自分自身が興味あるものをひたすら記すブログです。

スポンサーリンク

人生に迷った時は、世界の偉人達の英語名言を!心を動かす名言集!

 

草原にたたずむ男性

みなさん!こんにちはこんばんは!Rinです!

今回は、人生における世界の偉人たちが残した名言についていくつか紹介したいと思います。
人間誰しも、生きていく上で壁にぶつかったり色々悩むこともあると思います。
私も26年間生きてきて、その中で様々な経験もしましたが、その経験が全部良い経験だったことはありません。時には大きい壁にぶつかって、何度も涙したり苦しんだり葛藤していた時もあります。実際に今現在も時々自分のことや将来のことについて不安になったりするときもあります。

 私はそういった時に、よく歴史的に有名な偉人の名言などをよく調べて、
「こんな考え方があるんだ。」「この人はこういった価値観や考えを持って人生の最後までを生きたんだな」と色々自分自身にとってためになることが書かれてあり、その名言を読んで、「私もこういった考えを持って生きていきたい」「まだまだこれからだ!頑張ろう!」と勇気をもらえたりしたこともありました。

私がこういった名言を好きな理由は、
短い文章にもかかわらず、心を動かされ、自分もこうなっていきたいと思わせてくれるから
です。私が思うに、歴史における世界の偉人の方たちはそれぞれの分野について頂点にのぼりつめたり、数々の偉業を成し遂げてきた人たちですが、そういった行動ができたのも、彼らの根本的な考え方からきているものではないかと思っています。
その考えや価値観を知ることによって、私達も生きている中でそういったことを知って考えを変えたりして、行動に移していけるのではないかとおもっています。

皆さんも、仕事、学業、子育てなど日々を忙しく送っている中で、時々悩んだり不安になったり壁にぶつかったりすることも起こるかもしれません。
そんな時に、ぜひ世界の偉人達の名言を読んで、耳にしてその後の自分の人生をプラスとして変えてくれるきっかけを持つ機会を作るのも良いかもしれません!


前置きが長くなりましたが、そういった名言を今回紹介していきますね!!
個人的にお気に入りの名言をまとめてみました!まずはこちらから!

 

 

偉人たちの「人生」についての名言集

 

God doesn’t require us to succeed; he only requires that you try.

 

和訳:神様は私たちに、成功してほしいなんて思っていません。ただ、挑戦することを望んでいるだけよ。

人物: マザー・テレサ(1910~1997)

マザー・テレサはご存知の方も結構いらっしゃるのではないでしょうか?私は小学校の時に世界の偉人の伝記で彼女のことを知りました。
マザー・テレサは、カトリック教会の修道女、そして修道会の創立者です。彼女の活動は高く評価され、多くの賞をもらっています。
貧しい人や病気の人達に手を差し伸べ、宗教やそのお世話をする人の状態などは関係なく、すべてのそういった人々に愛を持って助けたことで有名です。
個人的な見解ですが、彼女もそういった考えを持って活動していく間で、色々な壁にぶつかったり失敗もしたのかもしれません。

私達は、成功することが一番輝かしいことと思いがちですが、そうでもありません。
失敗を恐れて何もしないよりも、まず挑戦して、自分の目標や目的のために行動するのみ!それが成功や失敗という結果よりも大事だよ!と彼女はこの言葉で伝えたかったのではと思います。

 

The purpose of life is a life of purpose.

 

和訳:人生の目的は、目的のある人生を送ることだ。
人物:ロバート・バーン(1928~2013)

 

ロバート・バーンはアメリカ出身のチェスプレーヤーです。26歳で国際チェス連盟によるチェスのタイトルの最高位を受けた方です。
みなさん、チェスのやり方ってわかりますか?私はチェスをそもそもしたことがないのでゲームの仕方もわかりません。(泣)知っていることはチェックメイトぐらいですかね。^^;
とても短い言葉ですが、心に響きます。人生の中で目的を持ってすごすのと、何も目的を持たずにただ一日を過ごしていくのでは、どちらが充実した人生を送れるかというと、完全に前者だと思います。
目的や目標って人それぞれちがうと思いますが、
目的を持って毎日を過ごしている人って、なんだか輝いて見えますし、そういった方たちと話したりしても、とても刺激をもらえるんですよね。
その目的や目標が大きいか小さいかは関係なく、自分の人生にプラスをあたえてくれる目的を常に心に持ち続けることが大事なのではないかとおもいます。

 

 

The most important thing is to enjoy your life – to be happy – it’s all that matters.

 

和訳:何より大事なのは、人生を楽しむこと。幸せを感じること、それだけです。
人物:オードリー・ヘップバーン(1929~1993)

オードリー・ヘップバーンも有名な女優さんですよね!
彼女はイギリス出身、アメリカの女優さんです。とても上品な顔立ちをしている女優さんです。有名な映画だと「ローマの休日」がありますよね!私が一番好きな映画は「ティファニーで朝食を」です!
実は私、オードリー・ヘップバーンが大好きで、オードリーに関係する個人的な話があります。
それは留学していた時、何でも安く買えて色々な品が取り揃えられている「Ross」というディスカウントストアで、たまたまオードリーの大きい肖像画を見つけました。
見てみると、お値段も手頃で何よりオードリーが美しい!結構大きい肖像画なのですが、私はすぐに「買う!」と決め、一緒に買い物していた友達に
「えっ!こんな大きなの買うの?私達バスできたのに!」と友達を苦笑いさせてしまった経験があります。笑 購入したあとは、両手でその肖像画を抱えながら、バスで寮まで戻りました。
そんな彼女のファンである私は、オードリーについてネットで検索している時に、この言葉を見つけました。
言っていることはシンプルですが、とても良い言葉だなと思い、留学生活の自分の部屋にはこの言葉を飾っていました。
苦しんで不幸と感じて毎日を暮らすよりも、毎日毎日を楽しんで幸せを感じる。これってシンプルですが結構難しいことかもしれません。
自分がどう感じるかなので、前向きに、少しの、ほんの些細なことでもそれを幸せなことと感じることができるかだとおもいます!

 

風船

 

 

 

There are only two ways to live your life. One is as though nothing is a miracle. The other is as though everything is a miracle.

 

和訳:人生には、二つの道しかない。一つは、奇跡などまったく存在しないかのように生きること。もう一つは、すべてが奇跡であるかのように生きることだ。
人物:アルベルト・アインシュタイン

 

アインシュタインはドイツ生まれの物理学者です。よく舌を出した写真が有名ですよね。相対性理論などを提唱し、世界的に知られている偉人でもあります。
私は物理などの理系は全くもって駄目なもので、だからこそこういった理系関係の才能を持っている偉人や学者などを尊敬してしまいます。
このアインシュタインの言葉も胸にグッときます。毎日日々生活していく中で、全てのものや存在はいつのまにか当たり前になっていて、その当たり前なものについては、あって当然という考えで大半の人達は生活していると思います。私も実際そうです。
ですが、人生で起こること全てを当たり前ではなく、奇跡なんだと考えることによって、物や人に対する価値観や考え方も変わってくるのではとも思います。

例えば、この世に生まれたことも決して当たり前なんかではなく、奇跡。普段の何気ない生活、周りにいる家族や友達も決して当たり前なものなのではなく、奇跡なんだと考えると物や人の大切さも実感できるのではないでしょうか。

 

It does not matter how slowly you go so long as you do not stop.


和訳:止まりさえしなければ、どんなにゆっくりでも進めばよい。
人物:孔子

 

孔子は今からずっと昔の紀元前に生まれた中国の思想家であり哲学者です。日本史を習ったことのある人ならば、一度は孔子という名を聞いたことがあるのではないでしょうか。儒教という教えの始祖もこの孔子だと言われていますよね。

孔子がこの言葉で言いたかったのは、
進むペースが早くても遅かったとしても進んでいることに意義がある。
もちろんこの進む方向は後ろではなく前へ進むことだと思います。ある同じ目標をたてたとしても、人それぞれによって進むペースはちがうと思いますし、いつも速いペースで進めるということではないとおもいます。上手くいかないときは、ほんの少ししか進めなかったりするときもあるかも知れません。
ですが、それでもそのほんの少しの距離を進んだ、ということに価値があるのです。
止まって何もしないよりも、毎日毎日少しずつコツコツやりとげて進むことによって、たったの一週間でもその差は歴然としています。


自身が中学生の時に、一週間ごとにやるべき勉強リストを作成して、机の前に貼っていました。変に完璧主義だったため時間配分やらなにやら細かく決めていたのですが、なかなか計画通りに上手く行かず「もうやだ!」と投げ出してしまったこともありました。ですが、冷静になって考えてみると、計画通りに完璧に進んでいなかったとしても、その計画の60~70%は毎日やれていた。
完璧を求めすぎて投げ出して何もしない期間、止まった期間を作ってしまったことのほうが、60~70しかできなかったことよりも全然前に進んでないことだと、その時に思ったことがあります。
どこまでやれたかより、少しでも前進できた自分に目を向けてあげるのも必要なことなのかなと中学生ながらその時思いました。

 

If you want your life to be more rewarding, you have to change the way you think.


和訳:あなたの人生を実りのあるものにしたいのなら、あなたの考え方を変えなければならない。
人物:オプラ・ウィンフリー(1954~)

オプラ・ウィンフリーはアメリカの俳優、テレビ番組の女性司会者でもあります。彼女はアフリカ系アメリカ人で、世界唯一の黒人の億万長者とも言われていた人です。選挙の時にオバマ大統領を支援していた人でもあります。
彼女が持つ巧みな話術、視聴者と同じ目線を持ち、アメリカでは有名なTV司会者となりました。
このオプラ・ウィンフリーの言葉は、まさにそのとおりだなとも思います。
人それぞれ色々な考え方をもち色々な価値観で世の中あふれています。
良い人もいますし、悪い人もいます。生きていく中で自分の人生を少しでも前向きに、明るく、目標や目的を達成するために日々を暮らしていきたいなら、考え方というものはとても大事なものの一つだと思います。
行動することももちろん大事なことです。行動することによって、今後の未来が変わっていきます。ですが、その行動と同じように、自分が普段考えていること、生きていく中での考え方、価値観などを見直して、
自分の実現させたい未来にするにはどういった考え方を持って行動していけばいいかというのを考える時間も必要だとおもいます。

例えば自分の人生の目標としている人が周りにいたとして、その人はいったいどういう考え方をして、今の姿になったのか、考えや価値観を探ってもいいと思います。
周りにいなくても、色々な分野において様々な偉大なことをしてきた偉人を目標にして考えを学んでも良いと思います。人生の中で偉大なことをした人たちは、どういう考えを持っていたから、そういったことができたのか。少なくともこういった偉人の考え方で常にネガティブで後ろ向きな考え方の人はいなかったはずです。

 

立っている女性

どうでしたか?実はまだまだ好きな名言はたくさんあるのですが、今回は「人生」における個人的に好きな名言をピックアップしてみました!
今度は人生以外の名言、また日本の偉人についての名言も紹介していけたらと思っています!


生きている中で、つまずいたり迷ったりする時もあると思いますが、こういった偉人の言葉を読んで一つのアドバイスとして受け取ることも、より良く人生を生きるためのヒントになるのではないでしょうか?(*^_^*)

スポンサーリンク