ー世界へのDOORー

アメリカ留学経験済みの筆者が英語や留学、海外の文化等を紹介したり、自分自身が興味あるものをひたすら記すブログです。

スポンサーリンク

アメリカでマスクはNG?日本とは違うアメリカのマスク事情

スポンサーリンク

 

マスク

みなさんこんにちはこんばんは!Rinです!
冬は終わり、今は春のシーズンですが、今の時期でも街中を歩いていたり電車の乗っていたりすると、いたるところでマスクをしている人を見かけますよね?
マスクをしている主な理由は、風邪やインフルエンザなどの予防のためにしている人がほとんどだと思います。また、自分が風邪を引いている時などに、他の人に移さないように配慮してマスクを着けていたりだとか。

 女性の場合だと、スッピン隠しにマスクをしている人をよく見かけます。それか、特にする理由もないけれど、外出するときにはマスクをしている人だとか。
とにかく日本では冬から春にかけてマスクをしている人をたくさん見かけますし、私も風邪予防のためにマスクをつけることは度々あります。

この日本では当たり前のマスク、
アメリカでは当たり前じゃない、
むしろ着けるとNGもしくは変な目で見られる
ことを知っていますか?

実際に、私がアメリカに留学していたときにマスクで経験したことも含めて、アメリカのマスク事情について説明していきたいと思います!

 

アメリカでのマスク事情。アメリカでマスク着用はNG!?

 

マスクをしているパグ

日本では着けても違和感はわきませんし、むしろ冬から春にかけて着用することが習慣づいている日本。
それにたいして、アメリカでのマスクについての考え方や、マスクのことをどう思っているかは日本人の考え方とは全く違うんです!
アメリカでマスク着用はNGと書きましたが、アメリカでマスクしたら捕まるとかそこまではもちろんいきません!笑 
ただ、NGと書きたいほど、それほど周りから不思議な目や少し嫌な風に見られることが多いんです。

まずアメリカでのマスクの着用ですが、
アメリカではまず基本的にマスクをつけるという習慣がなく、風邪などを引いていた場合でも滅多にすることはありません。

基本的に、アメリカ人が考えるマスクについての考えや価値観は決して良いものではありません。

 

例えば、マスクを着けている人のイメージは

1 命にかかわるほどの重病人がしているイメージ
2 何か人に移す感染を持っている、感染病を持っている人のイメージ
3 悪事を働く強盗が着用しているイメージ

主にこのような3つのイメージがあるんです。^^;

1の重病人のイメージは、病院などで命に関わる人がマスクをつけている、またお医者さんなどがつけているイメージから、そういった考えになっているのかと。
2の感染を持っている人がしているイメージは、これも病院と関連して考えられていると思います。感染と言っても風邪よりももっと重い病気のことです。
3の強盗は、どこの国でもそうだと思いますが、アメリカでは何か悪さをするときにマスクで顔をおおって、自分の顔が見えないようにします。このことから、
自分の顔を隠す行為=強盗、つまり何か悪さをする  というイメージに結びつくので、マスクをつけることはあまりいいイメージを持たれないということなんです。


さらに、日本ではスーパーやドラッグストア、コンビニなどでもマスクって売られていますよね?1年中手に入れることが出来ますし、いろいろな種類があってその中から選ぶこともできますよね。
アメリカでは基本的にマスクをする習慣がないため、スーパーやドラッグストアに行っても日本のようなマスクコーナーなどはなく、売られていたとしても病院でつけるような医療用のマスクしかないです。

アメリカの留学中に友達が経験した、マスクを着用した時の周りの反応とは?

アメリカではマスクをつけること自体が良いイメージがないので、もしマスクをつけて街中を歩いたりでもしたら、じろじろ見られたり不思議な目で見られることが多いでしょう。
私がアメリカ留学しているときに、日本人の友達が風邪を引いてしまいました。その子は日本からマスクを持ってきていて、マスクをつけてカレッジに登校しました。そしたら、カレッジでは周りからじろじろ見られ、先生からも「Are you ok?」と言われたそうです。

さらに、その子が学校帰り、ホームステイ先まで帰るためにバス停で待っていたときに、隣に立っていたおじさんから、「Hey, why are you wearing a mask?」なぜマスクしているんだい?と直接聞かれたそうです。^^;
その子は、「風邪引いているので。」と言ったそうですが、そのことを言っても「I see.」とは言ったものの納得してない顔つきだったとか。

このように、アメリカでマスクをしていると私の友達と同じような経験をされることと思います。
実際私はそのことを知っていたので、アメリカ留学中には一回もマスクをしませんでしたが、留学前にカナダに友達と旅行に行った時に、日本からマスクをしていって、カナダで乗り継ぎの飛行機を待っていた時にマスクをしていた時にも、周りからじろじろなんだか見られているなあという視線を感じたことがあります。
「なんであのこはマスクをしているんだろう?」と不思議に思われたのかも知れません。

アメリカと日本のマスクに対する考えと価値観 

 

マスクをしている女性

こういったことからわかるように、アメリカと日本のマスクに対する考え方って違いますし、アメリカはつけない、日本はつけるといったそれぞれの習慣があることが理解できたのでは?とおもいます。
私が思うのは、アメリカ人のマスクに対する考えもわかりますし日本人のマスクをする理由ももちろんわかります。風邪を予防するためだったり、特に他人にうつらないようにするためにつけるという理由は、他の人のことを考えてつけているので良いことだなとおもいます。
ですが、たまにマスクを着けすぎて、外出するときなどはマスクをしていないと不安、心配マスクなしでは人の目が気になって外出することができない、という人たちも日本に増えてきたような気がします。マスクをつける習慣によってこういった問題も起こってることも事実です。

ひとまず自分の考えでは、郷に入ったら郷に従えなので、アメリカにいる時はつけませんでした。周りからじろじろ見られることを承知の上で、それでもつけたいという人はつけても別にいいのではと個人的に思います。
このような考えや価値観のちがいを知っておくと、アメリカなどに旅行するときや生活する時に役に立つかもしれません!(*^_^*)

スポンサーリンク