ー世界へのDOORー

アメリカ留学経験済みの筆者が英語や留学、海外の文化等を紹介したり、自分自身が興味あるものをひたすら記すブログです。

成人式って英語では何て言うの?成人式にまつわる英語フレーズ、またアメリカの成人についても紹介!

成人式 女性 男性

 

2019年の新年が明け、今月ももう中頃に入りましたね。時間が過ぎるのって本当に早いです。その1月の中順に、(1月14日)では、20歳の大人の仲間入りをした人たちを一斉にお祝いする成人式という行事があります。

 

今回はその成人式という行事について詳しく見ていきたいと思います。

 


成人式って英語では何ていうの?

成人式は英語ではどうやって言うことができるか、みなさんはわかりますか?

 

成人式


 

 


答えは、


coming of age ceremony  成人式

と言います。

 

coming of ageその年が来る、またその年を迎える、という意味です。ceremonyは、儀式、または式典という意味になります。


成人の日は、ceremonydayに変えて、

 

coming of age day  成人の日

 

と言うことができます。
成人の日をどう説明することができるか、というと色々な説明方法がありますが、
「祝日」「20歳の人をお祝いする日」というキーワードを入れて説明したい場合は、

 

Coming of age day is a Japanese national holiday. The age of becoming adult in Japan is 20 years old. We congratulate men of twenty.
成人の日は日本の祝日です。日本の成人は20歳になります。私達は20歳の人をお祝いします。

 

という風に言うことができると思います。


成人式にまつわる英語フレーズを紹介!


成人式と成人の日は英語で何と言うかはわかったかと思います。次は、成人式や成人の日にまつわる単語やフレーズを見てみましょう!

 

 

振り袖 long sleeved kimono

 

振り袖は成人式の日に、特に女性にとってはかかせないものです。日本の伝統的な振り袖を着て式典に出席するというのも、日本にしかありませんよね。

 

また、振り袖自体も海外にはない日本独特のものなので、そのままfurisodeとも言うことができます。 ちなみに、long sleeved kimonoをそのまま訳してみると、袖の長い着物、つまり振り袖という意味になるんです。

 

振り袖を着る、と言いたいときは、着るという意味のwearを用いて、

wear a furisode もしくは wear a long sleeved kimono と言うことができます。

 

袴(男性用のはかま) Men's hakama

 

袴も日本独自の衣装なので、そのままhakamaと言うこともできますが、袴を知らない人のために、少し意味がわかるように言いたい場合には、Men’s formal divided skirtなどと言った方がいいかなあと。

ちなみに袴は女性も男性もどちらも着るものですが、今回は成人式でよく見かける男性用の袴のことを言いたかったので、men’sと一番最初についています。

男性はスーツの方が多いかもしれませんが、袴を着てくる人もいますよね?でも袴を着てくる人って個人的な意見ですが、少しやんちゃな人たちが多いなあと思います。(笑)^^;

 

成人式 袴 着物 男性 女性


同窓会 reunion

 

同窓会

 

大体、成人式が終わった後、小中高のどれかの同窓会があって、皆であんな時もあったねと懐かしみながら、20歳という大人になった記念日を皆でお祝いしますよね。

その同窓会という意味は、英語でreunionと言います。

 


アメリカの成人っていつなの?

 

アメリカでは成人と決められるのは何歳のときか皆さんご存知ですか?

 

アメリカで成人として認められるのは、多くの州によって、18歳と決められています。多くの州でと言ったのは、一部の州では、18歳よりも上の19歳や21歳を成人として認めている州があるからです。

日本では、どこに住んでいるかは関わらず、20歳になった人は皆成人として祝われるので、アメリカは州によって(住んでいる場所によって)違うと言われると、どこか不思議な感覚ですよね?

また、18歳になったらアメリカでは大人とみなされるので、大体の人が大学の進学などをキッカケに、一人で暮らすようになると言われています。日本では、大学を進学しても、交通面や金銭面の問題で親と一緒に暮らしている人も多いですよね。

 

そんな風に一人で独立して暮らすという風潮がアメリカにはありますが、私がアメリカ留学していた時に出会ったアメリカ人の友達は、親と一緒に住んでいる人ももちろんいました。

一人で暮らしたくないの?と尋ねたら、金銭面が1番の問題で親とまだ暮らしているんだ、とも言っていました。確かに、アメリカの大学の授業料って日本と比べるとものすごい高いですし、宿題などに追われてなかなか時間の取れないアメリカの大学生活ではなかなかバイトをすることもできないので、そこから考えるとその子の言うこともわかるなあと思いました。

 

また、成人式の点から考えると、基本的にアメリカに住んでいるアメリカ人は、日本のような成人式という決められた式を経験することができません。
なぜなら、日本のように20歳の人々に向けた特別な式というものが、アメリカにはないからです。

 

 

 


どうでしたか?

 


個人的に、成人式に出席してもしなくても何が変わるということでもないと思いますが、女性の立場から見たら、普段めったに着ることのない振り袖を着れるということも成人式においての楽しみではないかなあと思います。


成人式、成人の日についての英語フレーズ、成人式にまつわるフレーズ、またアメリカの成人について紹介しましたが、この記事を読んで、皆さんが少しでもためになったと思っていただけたら幸いです!