ー世界へのDOORー

アメリカ留学経験済みの筆者が英語や留学、海外の文化等を紹介したり、自分自身が興味あるものをひたすら記すブログです。

スポンサーリンク

~階、押してくれませんか?って英語で?エレベーターに乗る時に使えるフレーズ!

 

エレベーター

 皆さん、こんにちはこんばんは!Rinです!

アメリカでは混んでいるかもしくは空いているかに関わらないで、ボタンのそばに立っている人が、「~階ですか?」と乗ってきた人にたずねてくれる人が、多い気がします。
そういった時に、英語でスムーズに会話できるように、今回はエレベーターのシーンで使われる表現について見ていきたいと思います。

 

 

何階ですか?と相手に回数を尋ねる時

エレベーターのボタン

WhichWhatを使って、

Which floor? What floor?    
何階ですか? 
ということができます。

 

もう少し丁寧に言いたい場合は、

floor~の後に、Would you likeをつけて、
Which floor would you like?
What floor would you like?  
何階で降りられますか?

と表現することができます。

 

~階、押してくれますか? ~階、お願いします、と言いたい時

 ~階、押してくれますか?と言いたい時は、

 Could you press ~ please?

と相手に伝えます。 ~に入る数字は、one,two,three,four,five,six~などの自分が降りたいフロアの階の数字を入れて、伝えてください。

 例 
5階で降りたい場合、

Could you press five please? 5階を押してくれませんか?

~階、お願いします、と言いたい時は、

 

~th floor please.

 
と表現します。 ~には、first, second third, fourth,fifth,sixth~ などを入れて使います。

 例
3階で降りたい場合
Third floor please. 3階、お願いします。

 

乗り降りする時

エレベーターのドアが閉まりそうになった時、あなたが「乗ります!」と伝えたい時は、

Hold the door please!   

ドアを空けといてください!

と、言います。

 もう少し丁寧に言いたい場合は、Could you~?を使って、

 Could you hold the door please? ドアを空けといてくれませんか?
と言うことができます。

ちなみに、エレベーターが自分の待ってる階で開いた時、そのエレベーターに乗るつもりがなく、エレベーターの中の人が待っててくれている時は、
get in~ 乗り物に乗り込む、という単語を使って、

It’s ok. I’m not getting in.    
私は乗らないんで、行って大丈夫ですよ

 と中の人に言うこともできます。

 
相手に乗りますか?と尋ねたい時には、

Are you getting in? 
乗りますか?

 と言います。

 

 

 降りる時に沢山、降りる人がいて、相手にお先にどうぞ、と言いたい時は、

 After you.  
お先にどうぞ。

と、伝えます。

 

 日本語ではエレベーターだけど、アメリカ、イギリスでは何て言うの?

上にあげた内容を覚えることで、エレベーターに乗る時はバッチリだと思います。
さてエレベーターという単語ですが、アメリカでは何と言うのか、イギリスでは何と言うのか、わかりますか?

 アメリカでは、日本と同様、エレベーターのことをelevatorと言います。
イギリスでは、日本とアメリカのようにエレベーターのことをelevatorとは言いません。

 イギリスでは、エレベーターのことをliftと言います。

イギリスでは、エレベーターと言っても通じないので、エレベーターのことはliftと言うんだと覚えておきましょう!

日本、アメリカのエレベーターと、イギリスの階数の表し方には違いがある?

 日本、アメリカではelevator、イギリスではliftという表現することは理解されたと思いますが、
実は、それだけではなく、日本アメリカと、イギリスとではエレベーターのボタンの階数の表し方にもちがいがあるんです!

日本、アメリカでは1階に行きたい時は1
2階に行きたい時は2
3階に行きたい時は3
など、自分の行きたい数字のフロアをそのまま押すだけで済みます。


イギリスの場合では、何と日本アメリカにはないGround Floor という階があります。Ground Floorは、1階を指します。 
そこからずれていき、
1のボタンを押すと、2階へ
2のボタンを押すと、3階へ着きます。

 こうやって、1つずつずれて表されます。

エレベーターのボタン      自分が行きたい階
Ground Floor                                    1階

1                2階

2                3階 

3                4階

 
なので、もしあなたがそのことを知らなくて、イギリスのデパートなどで3階に待ち合わせね!と言われ、
そのまま3階のボタンを押して、そのフロアで降りて待っていても、待ち合わせた人とは会うことはできないでしょう。
なぜなら、待ち合わせ相手は3階にいるのに、あなたは3階だとおもっている4階にいるからです!
イギリス旅行に行く時などには、そのことを頭に入れて行動するいいかもしれません!

 

 さて、今回はエレベーターで使う英語、日本アメリカと、イギリスのエレベーターの異なる表現などについて紹介しました。
もし英語圏内でエレベーターで乗り降りする機会があったら、ぜひこれらのフレーズを使ってみてください!

スポンサーリンク