ー世界へのDOORー

アメリカ留学経験済みの筆者が英語や留学、海外の文化等を紹介したり、自分自身が興味あるものをひたすら記すブログです。

スポンサーリンク

「ただいま」「おかえり」の英語フレーズってあるの?

スポンサーリンク

 

f:id:rin-world4695:20190714003208j:plain

みなさん、こんにちはこんばんは!Rinです!

 
みなさんは、家から出る時、また家に帰ってきた時、まず最初になんて言いますか?
一人暮らしなどの方は言わないかもしれませんが、家族や恋人などに「ただいま」「おかえり」と言うと思います。
ただいま、おかえりと言うのは故意的ではなく、自然と口から出る言葉ではないでしょうか?

今回は、そんな「ただいま!」「おかえり!」の英語フレーズを紹介したいと思います!


 「アメリカや英語圏には、ただいま、おかえりってなんて言うの?」
「英語でも日本で言うただいま、おかえりなどの表現ってあるの?」



今回はそういった疑問にお答えします!(*^_^*)

 

「ただいま」「おかえり」の英語フレーズってあるの?

f:id:rin-world4695:20190714003224j:plain


日本では当たり前になっている、この「ただいま」「おかえり」という表現ですが、

アメリカなどの英語圏にも、この「ただいま」「おかえり」という英語フレーズはあるのでしょうか?
あったとしてもそのフレーズを使うのでしょうか?
そんな疑問がある方も多いと思うので、今回はそんな疑問に答えて、詳しく説明していきます!

まず、この「ただいま」「おかえり」という英語フレーズですが、それに相当した英語表現はあります。


それは、私達が学校で習ったり、もしくは英語の教科書に載っている「ただいま」「おかえり」のフレーズで
ただいま→I’m home. I’m back

おかえり→Welcome back. Welcome home.

と言うことを習ったのではないでしょうか?

これらのフレーズで「ただいま」「おかえり」といったフレーズを言うことができるのですが、実のところ

アメリカなどの英語圏では、日本のように「ただいま」「おかえり」と言う習慣がありません!^^;笑


そのために、I’m home. Welcome backなどの表現もめったに使わないです。

相当するフレーズはあるのだけれど、実際には使わないんです。

そんな「ただいま」と「おかえり」ですが、ネイティブはどういったときに「ただいま」「おかえり」を言うのか?また、ただいま、おかえりの代わりにいうフレーズはそれぞれあるのか分けて見ていきたいと思います!

また、私自身アメリカに住んでいたこともあり、アメリカでの体験も書きつつ説明していきます。

アメリカ(英語圏)での「ただいま」について 


上にも書いたように、ただいま、おかえりに相当するI’m home, Welcome homeなどのフレーズはあります。

ですが、英語圏の家庭ではあまりこのただいま、おかえりという英語表現を毎回言うといったことはないです。

アメリカに約3年間いたときも、一回もこの「ただいま」「おかえり」という英語フレーズを耳にしたことはありませんでした。^^;

家にかえってきたときにただいま、おかえりという挨拶を交わす家庭ももちろんあると思います。
ですが、日本のように習慣化しているというわけではありません。


逆に、このようなただいま!といったフレーズをいつ使っているのか気になりませんか?

こういったフレーズは
普段の生活で毎回言うというというよりも、
仕事などの出張で長い間家にいなかったとき、
またどこか違うところに長い間いて、久しぶりに家に帰ってきた時


家に帰ったはいいけれど、家にいるはずの家族の姿が見当たらないで、「帰ってきたけど、誰かいるの?」と確認したい時

によく使われます。


また、このときにいうただいまは、I’m home,I’m backというよりも
基本的にHey  Hi  Hello などが多いです。

これらのフレーズを使ってただいま!というときにはHey Hi Helloのあとに家にいる人の名前をつけて言うことが多いです。

例: Hey! John! ただいま!ジョン!  (ジョンが家にいる)
   Hi! Mom! ただいま、お母さん!  (お母さんが家にいる)

アメリカ(英語圏)での「おかえり」について

f:id:rin-world4695:20190714003242j:plain


おかえりも、ただいまと同じく、おかえりと言う習慣が日本のようになく、「Welcome back」などの表現もあまり使うことはないです。  

また、仕事などで出張している相手や、長い間家にいなかった相手が家にようやく帰ってきたときに、この「おかえり」を言うことが多いです。

そして、ただいまと同じように、HI!~と言われたら、HI! Hey! Hello! などと返します。

また、日本はただいま!おかえり!だけで済むと思いますが、アメリカなどの英語圏ではおかえりといったあとに、

今日はどうだったの?と一日あったことを聞くことが多いです(*^_^*)

このどうだった?と聞くときには「How was~?」を使ってください。

例えば、「今日どうだったの?」と聞きたいときにはHow was your day?といいます。
学校、仕事はどうだった?と聞くときには、How was your school/work?


相手が仕事で出張に行っていたときには、How was your business trip?ということができます!
例文:A: HI! Mom! ただいま!お母さん
   B:  Hi! How was your day? 今日は一日どうだったの?
   A: It was great! You know what,I got full marks on my exam! 良かったよ!実はね、テストで満点取ったんだ!

こんな感じで会話がどんどん続いていく感じです。

 

まとめ!


どうでしたか?
アメリカなどの英語圏で使われる、「ただいま」「おかえり」の英語フレーズを理解していただけでしょうか?


また、どういったときに使われるかもわかっていただけたかと思います!


私達は学校などで、ただいま、おかえりを「I'm home」「Welcome home」と言うと習ったと思いますが、実際アメリカなどで生活してみると、日本のように習慣化されて言っている人はほとんどいません。

また、I’m home Welcome homeなどの表現よりも、
普通にHi!~ HI!~How was your day?などとお互いに言うことのほうが多いです!(*^_^*)

この記事がみなさんにとってためになった、役にたったと思っていただけたら幸いです!

英語フレーズをもっと学びたいという方はこちらからどうぞ!

 

www.rin-world.com

www.rin-world.com

www.rin-world.com

また、読者登録もお願いします!

 

スポンサーリンク