ー世界へのDOORー

アメリカ留学経験済みの筆者が英語や留学、海外の文化等を紹介したり、自分自身が興味あるものをひたすら記すブログです。

スポンサーリンク

日本人がよく使用する「I envy you」羨ましいの本当の意味

スポンサーリンク

 

f:id:rin-world4695:20190710155512j:plain

みなさん、こんにちはこんばんは!Rinです!

みなさんは、うらやましい!と英語で言うときに、どう表現していますか?

多くの日本人がこの「うらやましい!」と言うときに、「I envy you!」とenvyを使って表現しているのをよく耳にします。


「だって、学生時代にうらやましいってenvyを使うって習ったもん」
「うらやましいで辞書を引くと、envyが出てくるから・・・。」

こういった意見もあると思います。

 ですが、このenvy、ただ単に「うらやましい!」という意味で多用していると、誤解を招いたりするかもしれません。

そのために、今回はenvyの意味を掘り下げていくのと、ネイティブがうらやましい!という時に、よく使用する英語フレーズを紹介します!

 

 日本人がよく使用する「I envy you」羨ましいの本当の意味

f:id:rin-world4695:20190710155525j:plain


うらやましいと言いたいときに日本人がよく使うこの「envy」ですが、

間違っているというわけではありません。このenvyを使って「うらやましい!」I envy you!と言うことももちろんできるんです。

できるのですが、このenvy、現地の人、英語圏のスピーカーは使いません。^^;

実際に、アメリカにいたときも日本人の留学生友達が「I envy you!」と実際に会話の中で使ったり、SNSなどでenvyを使って表現したりしていましたが、ネイティブの友達がこのフレーズを使用していたのをあまり、というか驚くことに一回も聞いたことがありません。

また、このenvy、「うらやましい」という意味はもちろんあるのですが、ニュアンス的にはただ単に「いいなあ!うらやましいな!」と言うよりも、

若干重い雰囲気をただよわせて、悪意すら持っているニュアンスがあります。
つまり「うらやましい!」のなかには、ねたんだりしてうらやましい!といっているのかもしれないということです。

 

 

「うらやましい!」と自然に良い意味で言うには

f:id:rin-world4695:20190710155553j:plain


そんな意味を持つenvyですが、私達日本人は「うらやましい」というときにこの表現をよく使用しているんですね^^;

なんでネイティブはあまり使用していないのに、使っているかというと、辞書で引いたらこのenvyが出てきたり、中高で習ったからだと思います。

そんなenvyですが、「うらやましい!いいなあ!」とただ単純に言えて、良い意味で憧れのうらやましいを表現したいときに使える英語フレーズを紹介したいと思います!

I’m jealous!  うらやましい!いいなあ!

 ネイティブが「うらやましい!」と言うときによく使う表現として、jealousという表現があります。

ちなみにこのjealousはjealousyの形容詞バージョンです。


このjealousですが、私達日本人が聞くと、
「えっ!うらやましいというよりもなんだかねたんだり悪い意味に感じる」と思われる方もいるかもしれません。

ジェラシーといった言葉は日本ではよく使われ、嫉妬の意味として悪いイメージで使われるため、そう感じる方もおおいかもしれませんが、英語でこのjealousを使うときは、そんなに重い意味ではなく、相手をほめるときによく使われるんです!(*^_^*)

実際に、私も留学する前は、うらやましいというときにenvyを使うんだなと思っていました。
ですが、アメリカに留学して周りの友達が「いいな!うらやましい!」というときにjealousを使っていることが多いことに気づき、私も途中からjealousをよく使用するようになりました!笑


このjealousは、また、副詞のsoをつけて、「I’m so jealous!」すごくうらやましいよ!と結構使われたりします。


jealous of~ で、~がうらやましいとも表現できます。例えば、あなたがうらやましいよ!と言いたいときには、

I’m jealous of you!

彼がうらやましいよ!という時には、

I’m jealous of him.

などと言うことができます!

例文

A: I'm going to Paris next month!  来月パリに行くんだ!
B: Oh! Really? I’m so jealous of you! ええ!本当に?すごいうらやましいよ!

うらやましいを表せる、jealousのスラング版、「jelly」

 

ちなみに、上で紹介したjealousですが、なんとスラングバージョンもあるんです!


それは「jelly」になります!
フォーマルな場面では使えませんが、若者やチャットをするときなどに使える表現です!

例:I’m so jelly   めっちゃうらやましい!

 

You’re lucky! いいね!いいなあ!

f:id:rin-world4695:20190710155614j:plain


 

「いいね!いいなあ!ラッキーだね!」といった意味を持つ、You’re lucky!も「うらやましい」という意味を含んで言える表現になります。


jealousと同じく、soをつけて、You’re so lucky!ということができます!


そんなluckyですが、使う際に気をつけるべきことがあります。

それは、誰かが努力して実らせた場合にはこのluckyを使わないことです。
例えば、努力して大学受験に合格した友達がいるとします。その人に「You’re so lucky」というと、運で結果が実ったと思われ、相手にあまり良い印象をあたえません。^^;

代わりに、Congrats! おめでとう!というか、I’m proud of you! 誇りに思いますというのがベターかなと!

 

その他のうらやましいと表現できるフレーズ、awesome! cool!


「うらやましい!いいなあ!」といった意味で使われる、jearousやluckyを紹介しましたが、

その他の「うらやましい!いいね!」と表現できるフレーズを紹介します!そのフレーズとは


awesomecoolです!



どちらもすばらしい!いいね!といった意味を持ち、若いこの間ではこういった表現を使うことが多いです。
That’s awesome! That’s cool! といった感じで使われます。


どちらも頻繁に使われる表現なので、覚えておいて損はないと思います!

まとめ!


日本人は「うらやましい」というときにenvyを使うといいましたが、envyはネイティブはあまり使わず、
jealousをよく使用します。(*^_^*)


教科書英語から脱出して自然な英語を学べば、コミュニケーションもよりスムーズになると思います。


うらやましい!と思ったときは「I’m jealous!」と使ってみてください!

もっと英語フレーズについて学びたいという方はこちらから!

www.rin-world.com

 

www.rin-world.com

www.rin-world.com

 

www.rin-world.com

www.rin-world.com

 

 

読者登録お願いします! 

 

 

 

 

スポンサーリンク